ギャラリー

家族や友達と!初めてでも行きやすいアートマーケット【ART MARKET TENNOZ 2021】

こんにちは!よしてるです。

皆さんはアートマーケットに行ったことはありますか?

「アートのことあんまり知らないから行きにくい。」
「行ったら何か買わないといけない気がするから、行ったことないなぁ。」

という方もいるのではないでしょうか。

今回は筆者が参加した「ART MARKET TENNOZ 2021」を基に、アートを楽しむ入口にはちょうど良かったと思う理由をお伝えします。

この記事を読むと、

  • アートが一同に集まるアートマーケットは、自分にとって好きなアートを発見しやすい。
  • 地域開催の無料参加できるアートマーケットは、参加ハードルが低い。
  • アートマーケットに初めて行くなら、ファミリーか友達と行くのがおすすめ。

ということが分かります。

写真も交えて、アートマーケットに参加した気分でお楽しみください!

● 今回参加したアートマーケット「ART MARKET TENNOZ 2021 」とは

「ART MARKET TENNOZ 2021」とは、天王洲で開催されたアートマーケットのことです。世界で活躍する人から若手アーティストまでが終結し、自分にとってのアート愛を気軽に発見できるようなイベントでした。

アートマーケットとは?

展示されているアート作品を購入できるイベントのことです。ART MARKET TENNOZ 2021はコロナ禍で作品を発表する機会を失った若手アーティストの支援も兼ねたイベントとなっていました。

会場ではアート制作をしたアーティストさんと直接お話できたり、ライブペインティング(その場でアート制作をすること)を観れたり、アートとの新たな発見ができたりと、アートに一日浸ることのできる場所になっていました。

ちなみに、今回のアートマーケットは文化庁「令和2年度 博物館・文化財等におけるナイトタイム充実支援事業」の採択事業としても開催されていました。

「令和2年度 博物館・文化財等におけるナイトタイム充実支援事業」とは?
簡単に言うと、コロナ収束とともに観光地に観光客が訪れるよう、文化財のある地域や博物館向けに夜間・早朝の経済活動を促進する取り組みのことです。
参考:文化庁|令和2年度博物館・文化財等におけるナイトタイム充実支援事業(委託事業)の募集

 

●散策気分で、天王洲へ

それでは、イベントの模様を観ていきます!今回は筆者1人で現地に行きました。イベントのメインブースは2か所で、

  • 「未来を担う約30人のアーティストが集う」WHAT CAFÉ SPECIAL MARKET
  • 「日本全国の伝統技術が集う」TAKUMI BORDERLESS

でした。
二か所の距離は徒歩5分圏内と近く、観覧しやすい規模でした。

(筆者はコンデジやノートPC、本を持って行ったので、やや疲れてしまいました。自業自得。身軽な格好でのご参加がおすすめ。)

●現代アートを観る!

まず訪れたのが「未来を担う約30人のアーティストが集う」WHAT CAFÉ SPECIAL MARKET。お昼ごろに行きましたが、入場規制がかかっていて少し待って入場しました。


Yuta Okuda さん《AbstractFlowers(TurquoisebluexPink)》

彩の組み合わせ自体が二度とできないような、花束の作品があったり。

 


宇都木 大樹 さん《Barnig》

形を模索しながらも制作を進めるアーティストさんもいらっしゃいました。


Yeka Haski さん 《溶ける Melted》シリーズ他

子供が「ピカチュー!」「ドラえもん!!」「何でぐにゃぐにゃしてるのー??」と、目を引いていた作品たち。


Moe Notsu さん 《Bits in Pieces》

ピカソ、ダリ、草間彌生。。。が重なって、一つの顔になっている作品。


金森朱音 さん 《母》ライブペインティング風景

ライブパフォーマンスも開催していました。「母」という作品を書いているようです。


KASEKI CIDER さん

デフォルメされている、あの名画たちも。かわいい表情です。

場内には飲食スペースが。お酒も置いており、かなり自由度が高いなと感じました。

●日本の伝統技術を観る!

二つ目の会場「日本全国の伝統技術が集う」TAKUMI BORDERLESSでは、入り口の大きな盆栽がお出迎え!


平尾成志 さん

盆栽というか、小さな庭園というか、壮大でした。庭にこんなものがあったら、それだけで有名になれそうです。


備前焼 鳴瀧窯 narutaki さん 《Hour Glass》コーヒードリッパー

岡山県で作られている備前焼でできたコーヒー器具。最近コーヒーミルを使ってコーヒーを飲んでいるので、ちょっとほしいなと思いました。


江藤雄造 さん 《綾》

こちらは絵具。。と思いきや、漆で描かれた作品。影が落ちていて立体感のある作品でした。一足早く夏を感じました。


和田山真央 さん

青が美しかったお皿。長くいいものを使うと考えたら、こんなお皿つかえたら食卓がにぎやかになるなと、そんなことも考えながら観ていました。

職人技の数々を観ることができました。

●まとめ

今回初めてART MARKET TENNOZに参加してみて、アートに初めて触れるという方でも観覧しやすい!という印象がありました。

もちろん、ギャラリーやアートフェアなども同じだとは思いますが、今回のイベントに関してみると

  • 複数アーティストの作品を鑑賞できるお得感
    ⇒自分にとってのお気に入りのアート/好きなアートを発見しやすいです。
  • 無料参加が可能
    ⇒これはギャラリーも一緒ですが、こういったイベントの場合は周りに人がいるという安心感があって、緊張せずに観れると思います。

「初めてこういうのに来たんですけど。。」という声も聞こえてきて、ちょっとした安心感がありました。アート業界の人やアートコレクターばかりだと、その空間にいるだけで緊張してしまいますからね。

無料で入場できることもあり、川辺で子供が走り回れる場所もあることから、子連れのファミリーにとっても足を運びやすい環境が揃っていました。

また、

  • 一人で出かけるよりは、友達と行くのがいい

と感じました。筆者は一人で行きましたが、アートを鑑賞した感想を語り合う人がおらず、少々寂しい思いをしました。話し相手がいることって大事だなと感じました。

感想をシェアし合うことで友達の感性を知ることができたり、自分の感じたことを話すことで「自分はこういうアートが好きなんだ」と気づけるきっかけにもなります。

次回の天王洲アートマーケットが開催される際や、その他地域でのアートマーケットがある際には、気軽にお出かけしてみてください!

●イベント情報

イベント名ART MARKET TENNOZ 2021
会場天王洲 Canal East Area
会期2月19日(金)18:00-19:30(ご招待客のみ)
2月20日(土)11:00-19:30
2月21日(日)11:00-18:00
主催寺田倉庫
共催一般社団法人 天王洲・キャナルサイド活性化協会
協力WATOWA GALLERY、シンクシンク株式会社
サイトhttps://artmarket.warehouseofart.org/

 

ABOUT ME
よしてる
東京でアート巡りををしながら「アートの割り切れない楽しさ」を探究している理系男子です。会社員をしながら、週末アートウォッチをしています。 2021年から無理のない範囲でアート作品の購入も始めました。 好きな動物はうずら。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA