飾り方

【賃貸でもOK】アートを壁に飾ってみよう(おすすめ掛け具も紹介)

こんにちは!よしてるです。

これからアートを購入しようと思ったときに、

・アートの飾り方を知りたい!
・みんなどこに飾っているんだろう?
・壁に穴開けて飾っていいの?

という疑問が浮かぶと思います。

そこで、今回は一般的な賃貸住まいを想定した、アート、特に絵画やイラストの飾り方について書いていきます。

この記事を読むことで、こんなことが分かります。

・2通りのアートの壁掛け方法を実例でご紹介
・賃貸でも小さな穴であればあけても大丈夫(民法についても参考に書いてます)
・壁へのダメージが少ないおすすめ掛け具を1つご紹介

では、いってみましょう。

アートの飾り方

家でのアートの飾り方は主に「壁掛け」「置き飾り」が挙げられます。

飾るものの特徴に合わせて、飾り方も選択していきたいところです。

(飾る前に)大きさと重さを確認しておく

飾る前に、

・家の中に飾れる大きさなのか
・作品の重さ

を把握しておいた方が安心です。
壁掛けがいいのか、置いて飾った方がいいのかの判断材料になります。

アート用の倉庫やアート専用部屋などがある人ならあまり考えなくてもいいかもしれない(むしろ、そういう状態になりたい!)ですが、生活スペースで足場は使い果たしている人にとっては、アートを飾るスペースに限りがあるはずです。

限りある面積で、最大限アートを楽しめる空間を作ることを意識して、検討していきましょう。

壁掛けのメリット・デメリット

《ART MARKET TENNOZ 2021》展示風景

壁掛けのメリット・デメリットはこんな形です。

メリット
・飾るスペースを確保しやすい
・複数作品を飾りやすい
・照明を当てやすい

デメリット
・作品が重いと壁に掛け具をつける必要がある
・掛け具を一度固定すると、位置変更が手間になる
・飾る位置によっては太陽光で日焼けする

賃貸の広さに限りがあるなかでも、(ものを積み上げていなければ)壁は有効に使える空間です。
作品と照明の距離も近くなるので、作品がイキイキと見えてくると思います。

一方で、作品が重い場合は壁にしっかりとした掛け具をつける必要があるために賃貸解約時に修繕費用が掛かる場合もあるので注意したいところです。

壁掛け具問題をクリアできれば、個人的には壁に掛けるのが好きだなぁと思います。

置き飾りのメリット・デメリット

《ART MARKET TENNOZ 2021》展示風景

置き飾りのメリット・デメリットはこんな形です。

メリット
・掛け具などの準備なしに、すぐに飾れる
・レイアウト変更で飾る場所を変えやすい

デメリット
・作品を飾れる量、大きさに限界がきやすい
・飾る場所の確保がしずらい
・固定していないと、ちょっとした衝撃で落下してしまう

作品をおけるようなスペース、または作品が小さい場合はこちらでも良いかなと思います。

ただ、作品をなんとなく立て掛けるのはアーティストさんに失礼な気もするので、それであれば壁に飾ってあげるか、きれいに保管してあげた方が良いと思っています。

壁掛け具をつける前に

では早速、壁掛け具をつけてアートを飾ろう!の前に、「賃貸契約上壁に穴を空けても大丈夫か」だけは確認しておきましょう。

賃貸契約書を確認しておくと安心

賃貸契約書が確認できれば、念のため確認しておきましょう。

僕の場合は賃貸契約書に「明け渡し時の原状回復」に壁・天井(クロスなど)の項目があって、以下のように記載がありました。

  • 壁等の画鋲、ピンの穴(下地ボードの張替は不要な程度のもの)は賃貸人(部屋を貸してる人)の負担となる。
  • 壁等のくぎ穴、ネジ穴(重量物をかけるためにあけたもので、下地ボードの張り替えが必要な程度のもの)は賃借人(僕のこと)の負担となる。

下地ボードまで傷つけなければOKということでした。

2020年4月1日から賃貸借契約に関する民法のルールが変わっています。
これによると、通常消耗・経年変化に当たらないものは原状回復義務を負わないことを明記しています。

また、「原状回復にかかる判例の動向」によると「経過年数を考慮した賃借人の負担すべき原状回復費用が示された事例」では「壁ボードの穴については、賃借人の負担」という判決になっています。
判例上でも、小さな穴であれば賃貸解約時に修繕費負担となることはなさそうです。

参考
===
賃貸借契約に関するルールの見直し|法務省
原状回復をめぐるトラブルとガイドライン 第3章 原状回復にかかる判例の動向
===

飾り方の実例

我が家で飾っている作品の実例はこんな感じです。

S字の掛け具をつけて飾る

《色の降る日》
げみ
2016年
アクリルフォト
35.5×50.5cm

僕の好きなイラストレーターげみさんの作品です。

これは、後ろに掛け具をひっかけられるフレームがついていて、S字の掛け具を扉とフレームに掛けて飾っています。

S字の掛け具は100円ショップで購入しました

スポンジをつけて扉に傷がつかないように工夫しています。

見た目はちょっとダサいかもしれませんが、あまり高価な掛け具を使わなくてもある程度は飾ることができるよ、という例で出してみました。

壁に穴を空けたくないな、という方は、こんなやり方も検討してみてください。

扉の耐荷重以上ののものを掛けないようにだけ、ご注意を。
扉がゆがんでしまいますので。

壁に掛け具を固定して飾る

ドラえもん50周年のポスター(タイトルは不明)
2021年

36.5×51cm

最近飾ってみたポスターです。
アートではないですが、飾る例として出してみました。

額縁に入れ、裏につけている紐と壁掛け具をひっかけて飾っています。

掛け具には「壁美人」というものを使っています。

ホッチキスがあれば簡単に設置ができます。

「壁美人」の良いところはこんな感じです。

・ホッチキス固定なので、壁へのダメージが最小限にできる
・取り外しが簡単
・ホッチキスだけで耐荷重が6kgある

同じシリーズで12kgまで掛けられるタイプもあるので、ある程度の作品であればこれで対応できると思います。

女性でも簡単に取りつけられるのも良いですね。

まとめ|賃貸でもアートを壁に飾ってみよう

せっかくアートやイラスト、ポスターなどがあるならば、白い壁に彩りを加えてみると、生活にも彩りが増えていくと思います。

賃貸でも契約を確認の上で、小さな穴であれば問題なく飾ることができることがほとんどだと思うので、ぜひ試してみてください!

ABOUT ME
よしてる
東京でアート巡りををしながら「アートの割り切れない楽しさ」を探究している理系男子です。会社員をしながら、週末アートウォッチをしています。 2021年から無理のない範囲でアート作品の購入も始めました。 好きな動物はうずら。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA